健康情報

健康な体を維持することの重要性

スポーツを楽しむのも、仕事を続けることができるのも健康であってこそ。
不健康では、無駄な時間やお金を失ってしまいます。
病気になって必要になる時間とお金より、健康を維持するために費やす時間とお金のほうが少なくてすみます。
これからは、病気になって病院に行くのではなく、病気にならない体作りと、老化を遅らせる生活習慣を身につけることが重要ではないでしょうか。

 

なんとなく体の調子が思わしくないと感じたことはありませんか?

私たちを取り巻く環境は、病人を作るのに適した環境だといえます。

排気ガス、環境ホルモン、紫外線、食品添加物、残留農薬、タバコ、アルコール、睡眠不足など数えたらきりがありません。

又食物も必要な栄養素が不足しており、人間が生活するのに最低必要な栄養素が摂れていないのが現状です。

これでは、免疫力の低下や自然治癒力の低下も当然のことだといえます。
こんな状態では、風邪のウィルスが体内に入っても殺すことも出来ないでしょう。

又肉体の老化現象も早まっていきます。

こんな状態ですので体調不良を訴える方が増えて当然なのです。
そこでわれわれは何をしなければいけないのでしょうか?

健康不安について詳しく解説したホームページを参考にしてください。

あなたの病気、その治療法で治ると思いますか?

 

スポーツ栄養学

スポーツを楽しむ人、トップアスリートを目指している人、スポーツを職業としている人とレベルには差がありますが、スポーツをすることで、体を壊していることには間違いありません。

スポーツをすると健康になるといわれていますが、反面スポーツをしなくなったときに反動がきて体を壊してしまったり、病気になってしまうことがよくあります。

指導者という立場であればこのような例をたくさん知っているはずです。

スポーツを行う人はそうでない人よりも普段の食事から摂取した栄養素を余分に消費します。

今の現状では、栄養不足のままスポーツ活動を行っている人が大半です。

これからは、スポーツをする前に栄養補給を優先する時代になると思います。

少しでもスポーツと栄養の関係を理解して、実践することで、快適なスポーツ活動ができるのではないでしょうか。
まず基本的な知識を身に付けましょう。

スポーツ栄養学はこちら

 

こころと体を癒す呼吸健康法「気功法(心癒功)」のご紹介。

気功法