成功力トピックス

1.ビジネスと守護霊

2.ビジネスと霊障

3.ビジネスと先祖

4.ビジネスと魂

5.ビジネスと守護神

7.ビジネスと自然エネルギー(願望達成)

8.ビジネスと自然の法則(タイミング)

9.成功力・その他

○あなたの成功力を強化する。「成功力診断」

○ブログ「成功力」


ビジネスと心

プラス思考とマイナス思考     なぜマイナス思考はうまくいかないのか     自分をプラス思考に変えるには  
心の自由と反省      潜在意識     他人は変えられない


成功力トップページ

心の道場(癒しの道場)

Facebookページも宣伝

 ○あなたの成功力を強化するには。

 

 

成功力トップページ

1.ビジネスと守護霊

2.ビジネスと霊障

3.ビジネスと先祖

4.ビジネスと魂

5.ビジネスと守護神

6.ビジネスと心

7.ビジネスと自然エネルギー(願望達成)

8.ビジネスと自然の法則(タイミング)

9・成功力・その他

 家相・方位に関するホームページ

家相入門 家相で家づくりを考える

 

今、話題のEブック 

「魂よ目を覚ませ」

霊障でお悩みの方、人生を変えたい方、生き方を摸索している方などは是非ご一読ください。
きっとヒントが見つかると思います。

本「神癒」の内容を再編集したEブック「魂よ目を覚ませ」を販売しています。 購入はこちら 
 

 


成功するための第一条件は健康です。
あなたの健康管理をサポートします。

最新の健康情報と高品質のサプリメントの紹介・販売
 

おすすめの本

 

 

 

 

ビジネス関連書籍

 

 

プラス思考とマイナス思考

ビジネスの世界でもスポーツの世界でも、マイナス思考は良くないと言われています。マイナス思考の反対の意味でプラス思考という言葉があります。
今回はマイナス思考とはどのようなもので、どうしてマイナス思考ではいけないのかということに触れてみたいと思います。
人間にはものを考えることが出来ます。もちろん動物も考えてはいるのでしょうが、人間ほど緻密に考えている動物はいません。また様々な感情も持っています。
考えるということは意識的に行っている行為で、感情はだいたいが無意識のうちにおこってきます。
そして、この無意識の世界は普段の考え方の癖から出てくることが多いのです。
また、ものの考え方も、その人の育った環境や、経験した事柄で癖がついており、傾向が偏っています。
このものの考え方や感情の癖の傾向をプラス思考、マイナス思考と呼びます。
では、マイナス思考とはどのような癖なのでしょうか。
思いつくままにあげてみますと、感情的な傾向としては恐怖、不安、怒り、妬み、うらみ、悲しみなどがあると思います。
また、ものの考え方としては、責任転嫁、疑う、不信、傲慢、慢心、強欲などがあげられます。
この他にもたくさんあると思いますが、思いつくだけでもこんなにたくさんあるのです。
この反対の感情やものの考え方がプラス思考ということになりますね。
では、なぜマイナス思考がいけないのでしょうか。二つ理由があります。

一つ目の理由は、「思ったとおりのことが起こる」という原則があります。
つまり、いつもマイナス思考でいるとマイナスなことばかり起こるということです。
不安に思っていることが現実に起こってくるということは良くあります。
そんな時「ああやっぱりそうなんだ」と自分で納得したりしますが、そうではなく、自分でそのような現実を作り出しているのです。
いつもプラス思考でいると、良いことが起こってきます。

二つ目の理由は、霊界には大きく分けると高級神霊とそうでない霊(ここでは低級霊と呼びます)がいます。また、高級神霊界(高級神霊のすむ世界)と低級霊界があります。
両者の違いは、簡単に言えば、高級神霊や高級神霊界はプラスの波動で包まれており、低級霊や低級霊界はマイナスの波動で包まれています。

そして、人間の心は霊界とつながっていますので、高級神霊や高級神霊界につながるか、低級霊や低級霊界につながるかは心の波動(周波数)によって決まります。
つまり、心とは霊界から出る電波の受信機のようなものだと考えてください。
高級神霊のエネルギーをひこうとすれば、心の周波数を高級神霊の周波数に合わせなければなりません。
つまり、プラス思考にしておかなければ、高級神霊とはコンタクトが取れない、そして高級神霊界のエネルギーをひくことも出来ないのです。
また、マイナス思考でいれば、心の周波数もマイナスとなり、低級霊や低級霊界の周波数と同調して、低級霊の影響を受けてしまします。
低級霊の影響を受けるとどうなるかは想像がつくと思います。
このような理由で、いつもプラス思考でいましょうと言っているのです。

 トップへ戻る

なぜマイナス思考はうまくいかないのか

心がマイナスな人は成功者にはなれない。

マイナス思考の代表的なものが、責任転嫁、言い訳、否定する心、疑う心不安な心、虚言などがあります。
このようなマイナス思考の持ち主は成功は難しいと思います。
人によっては、マイナス思考がなぜ悪いという人もありますが、マイナス思考はよい結果を生みません。
もちろん人間ですからいつもプラス思考というわけには行きませんが、それでもマイナス思考よりプラス思考のほうが成功することは間違いありません。

では、なぜマイナス思考は成功しにくいのでしょうか。
マイナス思考を分析してみると、自分を取り繕う、自分を守る、自分をよく見せる、自分を正当化するときに起こる思考方法だと思います。
自分の内面に目を向けないで、外にばかり目を向けているのがマイナス思考といえるのではないでしょうか。
物事は、自分の思考、行動の結果から起こってくることがほとんどです。
つまり、自分の内面(感情や行動)に目を向けなければ物事の本質は見えてきません。

また、プラス思考でいれば、閃きやインスピレーションといった形で、知恵が授かることもあります。これが事業を行う上で大変重要になります。

これはあくまでも私個人の考え方ですので、異論を唱える方もあるとは思いますが、長年心の働きを追い求めた結果です。

  トップへ戻る

自分をプラス思考に変えるには

いつもプラス思考でいられる人は良いのですが、人間は常にプラス思考とマイナス思考の狭間を揺れ動いています。
何か気になることがあれば、心配してマイナス思考に陥ることが普通だと思います。
しかし、プラス思考の状態でいられる人は、物事をどんなに悪い状況でも良いほうに解釈して捉えることができるのです。
つまりものの考え方がプラス思考を作るのです。
よくセミナーなどで語られる話で、アフリカで靴を売るセールスマンの話があります。
Aというセールスマンはアフリカのある町で「住民はみな裸足で生活しているので靴など売れるはずがない」と言いました。
一方、Bというセールスマンは、「すばらしい!みんな裸足で生活しているので、靴はいくらでも売れる」と言ったそうです。
事実、靴は爆発的に売れたそうです。

同じ現象をどう捉えるかだと思います。
いつもこのように物事の捉え方を良いほうに考えるように努力していると、いつのまにかプラス思考が身につきます。
心癒功の生徒さんにもよく同じような話をします。
1年ぐらい経つと、皆さんプラス思考に変わっていかれます。
そして、とても健康になられます。

 トップへ戻る

心の自由と反省

神様は人間に自由な心と反省をするという行為を与えてくださいました。
人間はいつもプラス思考でいるのが一番良いことなのですが、残念ながらいつもプラス思考でいるということは不可能なことだと思います。
時には怒ったり、不安になったり、悲しんだりと感情がゆれています。
そして、色々な事を考えます。
起こってくる現象に対しても人それぞれの考え方があります。 
つまり人間の心はいつもプラスとマイナスの間を揺れ動いているのです。
プラスの状態を多くすることが良いことなのですが、なかなか難しいことのようです。
脳から発生する、ものの考え方と、心から発生する、感情とが密接な関係にあり、ものの考え方を変える努力をしないと、感情もコントロールが出来ません。
では、マイナスな心になった時にはどうすることも出来ないのかというと、そうでもないのです。
神様はそんな時のために「反省する」ということを人間に与えて下さったのです。
マイナスな心になった時でも、なぜマイナスな心になったのか、今考えていることがなぜマイナス思考なのかを自分で悟る(理解する)ことが出来たら、マイナスな心はプラスの心に変わるのです。これを「反省する」といいます。
これは素晴らしいことだと思います。
このことに気が付くことで、人間はだんだんプラス思考に変わっていきます。
ぜひ反省するという事を心がけていただきたいと思います。

 トップへ戻る

潜在意識

人間には顕在意識と潜在意識があるということは良く知られていることですが、顕在意識とは物事を認識したり、考えたりする働きがあります。
また、潜在意識についても様々な場面で解説されています。
しかし、私が捕らえている潜在意識の働きは少し意味合いが違います。

皆さんは潜在意識についてどのように理解されているのでしょうか。
古い記憶が記録されている場所。
思い描いたことを現実化する働きがある。
自分では気がついていない事柄や情報が詰まっている。
このように考えられているのではないでしょうか。
全て正解なのですが、もうひとつ重要なことがあります。
それは潜在意識はその人間の肉体を支配する力を持っているということです。

ひとつの例をあげます。

心癒功の教室で質問がありました。
「何となく体調が思わしくないのですが医者に診てもらっても原因がはっきりしないですが、何が原因なのでしょうか?」
聞いてみると風邪のような症状なのですが風邪を引いているわけではないようです。
私が答えます。「最近何か困っていることや、気にかかっている事がありませんか?」と。
しばらくたって、その方が「心当たりがあります」と応えるのですが、この時点ですっきりするのです。

不思議なことのようですが、このようなことが私の周りではよく起こっています。
この時、私はその人の潜在意識の状態を観察しているのです。

質問された方の潜在意識の状態はどのようになっていたのでしょうか。
この方はある悩みを抱えていて、そのことが気になって仕方がないという状態だったのです。いつもそのことを考えていたので、ストレスもたまっていることは間違いないのですが、心の状態もマイナス思考の塊なのです。
心の状態が潜在意識に伝わり、潜在意識が肉体のコントロールを狂わせてしまった結果体調不良という症状が出てしまったのです。
そして、自分がマイナス思考に陥っていることを認識して心の状態をプラスに変えることができれば、その時点で体調不良は改善されます。
この状態は体験してみないと分からないと思いますが、劇的に変わります。
体調が急変するということは、ストレスの影響だけで体調不良になっているということは説明がつきません。
潜在意識が関わっているからこのように体調が急変するのです。
皆さんも、なんとなく体がだるいとか、うまく体がコントロールできないと感じたら心の中を観察してください。
マイナス思考になっていることに気がついたら反省をしてプラス思考に戻しましょう。
不思議な体験ができると思いますよ。

 トップへ戻る

他人は変えられない

人間関係の相談の中で、自分以外の人(身内、友人知人など)の性格や行動、ものの考え方などを批判して、何とか変える方法はないでしょうかと質問される方がいます。
私は基本的には「無理です!」とお答えします。
なぜかというと、相手の人は質問しているご本人に反応しているだけなのです。
この相談をした人が仮にあなただとしましょう。
そして、相手の人をAさんとしましょう。
あなたはAさんを通してあなた自身を見ているのです。
つまり、Aさんは鏡の役割をしているのです。
Aさんがあなた以外の人と対話をしているときには、あなたといるときとは違う反応をするはずです。
それはその別の人にAさんが反応しているだけなのです。
もちろんAさんはAさんご自身の人格を持ち、癖やものの考え方も持っています。
しかし、人間は対面する人間によって、取る態度が変わってきます。
このことが理解できないから、相手を自分の都合の良いように変えようとして苦労するのです。
相手を変えようと思ったら自分を変えるしかないのです。
自分にとって都合の良い相手に変えようと思えば、自分が相手にそのような反応を起こさせるような自分に変わればよいのです。
この方法は心理学でも応用されているのではないでしょうか。

 トップへ戻る


 

 

成功力を強化する方法

 

あなたの成功力を診断します

 

 


癒しの道場
URL http://www.1iyasi.com

心の道場
URL http://kokoronodouzyou.com

〒723-0014 広島県三原市城町1丁目13‐18‐902
電話 0848−31−3587  FAX 0848−31−3587

Eメール sugagym@jp.pharmanex.com