成功力トピックス

1.ビジネスと守護霊

2.ビジネスと霊障

3.ビジネスと先祖

4.ビジネスと魂

5.ビジネスと守護神

6.ビジネスと心

7.ビジネスと自然エネルギー(願望達成)

8.ビジネスと自然の法則(タイミング)

○あなたの成功力を強化する。「成功力診断」

○ブログ「成功力」

 
その他

運・不運   元気と運気の関係  高級神霊界のエネルギーを呼び込む言葉

自分を変えるには(セルフイメージの話)   人を育てる
 


成功力トップページ

心の道場(癒しの道場)

Facebookページも宣伝

 ○あなたの成功力を強化するには。

 

 

成功力トップページ

1.ビジネスと守護霊

2.ビジネスと霊障

3.ビジネスと先祖

4.ビジネスと魂

5.ビジネスと守護神

6.ビジネスと心

7.ビジネスと自然エネルギー(願望達成)

8.ビジネスと自然の法則(タイミング)

9.成功力・その他

 家相・方位に関するホームページ

家相入門 家相で家づくりを考える

 

今、話題のEブック 

「魂よ目を覚ませ」

霊障でお悩みの方、人生を変えたい方、生き方を摸索している方などは是非ご一読ください。
きっとヒントが見つかると思います。

本「神癒」の内容を再編集したEブック「魂よ目を覚ませ」を販売しています。 購入はこちら 
 

 


成功するための第一条件は健康です。
あなたの健康管理をサポートします。

最新の健康情報と高品質のサプリメントの紹介・販売
 

おすすめの本

 

 

 

 

ビジネス関連書籍

 

 

 運・不運

あの人は運が良いとか、何をやってもうまくいかない人を運の悪い人と呼ぶことがあります。
また、幸運だったとか、不運だったとか表現する場合もあります。
運が良いということと、幸運ということとは少しニュアンスに違いがあり、幸運という言葉を使う時は、ある事柄がうまくいったときなどに使うのであって、人生全般にうまくいっている場合には運が良いという言葉で表すのではないでしょうか。
運が悪いという言葉と、不運という言葉も同じことが言えると思います。

人間は人生の中で、うまくいかない時もあり(失敗)、うまくいくときもあります(成功)。
考え方を変えれば、失敗があるから成功できるのだと言えるのではないでしょうか。(失敗は成功のもと)
しかし、目先の失敗や成功に目を奪われていると、長い人生の中での生き方の質というものをみる事が出来なくなってしまう恐れがあります。
私たちは人間として生まれて、死ぬまでに何かをする義務があると思います。
何かをするために生まれてきたのです。
そして、その何かをするために一所懸命努力して成し遂げた時、人間としての質(人格)や魂の質(霊格)を高めることになるのです。

しかし、生まれつき運の良い方もあるし、運の悪い方もあります。
このことは「うまくいかないわけ」のところでお話しましたが、もう少し簡単に表現すると、人間には「持ち運」というものがあって、生まれた時に持っている運の強さを表すものだと考えてください。
この持ち運が、マイナスの人、ゼロの人、プラスの人に分かれると考えてください。

持ち運がマイナスの人は、先ずゼロにすることを考えなくてはなりません。
その後、プラスにすることを考えるべきなのです。
マイナスの人がいきなりプラスになるということはあり得ないのです。
持ち運がゼロの人はプラスに変える努力だけですみます。
しかし、持ち運がプラスの人(生まれつき運の良い人)であっても、プラスの状態を維持する努力をしなければ運は下降し、ゼロになり、マイナスにもなっていきます。
また、マイナスの人が努力してプラスになった後、油断すればまたマイナスに戻ってしまうのです。

何が言いたいかといいますと、人間は常に努力をしていかなければならないということです。これで良いということはないのです。
常に向上心をもって努力していくことが大切なのです。

持ち運のマイナスをゼロに、ゼロをプラスに変える方法は「うまくいかないわけ」を参考にしてください。

トップへ戻る

元気と運気の関係

「気」が付く言葉はたくさんありますが、今回は「元気」と「運気」という言葉の関係について考えてみます。
私個人の解釈ですので、一般的な解釈とは違う部分があるかもしれませんが、ご容赦ください。

まず言葉のもつ意味についてですが、「元気」とは気の元と書き、人間の持つ気(生体エネルギーのようなもの)をあらわしたものです。
体調のよいことを元気ですといいますが、本来なら元気がよいですと表現するほうが適切ではないでしょうか。
元気のレベルで健康であったり病気であったりするのだと思います。

一方、「運気」のほうですが、これは人間の持っている運の状態を表したものですが、運には生まれつき備わった運の「先天運」と生まれた後身につく運の「後天運」の2種類があり、「運気」は「後天運」の状態を表したものだと考えられます。

この元気と運気には密接な関係があり、元気レベルが下がれば、運気のレベルも下がってしまいます。
病気になっている人が運がよいということは聞いたことがありません。
「病人に開運なし」という古い言葉があるくらいです。

また、運気のレベルが下がれば元気のレベルも下がります。
よく厄年だから健康に気をつけるようにということ言われると思いますが、これなども運気の下降に伴って元気レベルも下降することを表しています。

反対に、元気レベルが上がれば運気レベルも上がります。
世の中の成功者といわれる人は概ね健康な方が多いです。
常に健康管理に注意を払われています。

では何事においても成功するために必要なもので、「元気」と「運気」のどちらが先かといえば、「健・和・忙・栄」という言葉にあるように、まず健康になり、他人との交流が活発となり、その結果忙しくなり、最後に栄えるということになるのです。

つまり、まず健康であることが大切なのです。
しかし、今健康だから将来も健康であるといった保証はないのです。
将来の健康のためにも今の生活を見直していく必要があります。

突然病気になって途方にくれる人を何人も見てきました。
しかし、病気は突然現れるのではなく、何年も前に病気の原因を作っていることが多いのです。
生活習慣もそのひとつです。
是非、今の生活習慣を見つめなおして、健康的な生活を送ることを提案いたします。

癒しの道場で、健康を維持すること一番にあげているのはこういった理由からです。

 トップへ戻る

高級神霊界のエネルギーを呼び込む言葉

「ありがとう」「私はついている」「私は成功する」「全てうまく行く」などの言葉は、プラス思考から発生する言葉ですよね。
この言葉を発することで物事がうまくいったり奇跡が起こったりするということはよく言われていることです。
なぜこのようなことが起こるのか以前から考えていましたが、答えが見つかりました。

「南無阿弥陀仏」という言葉(呪文のようなものと考えていましたが)を言うと救われると、親鸞上人が宗派浄土真宗(真宗)を起こしましたが、この意味を考えたことがありましたが、その時は、「南無阿弥陀仏」を唱えると仏界(高級神霊界の一部)からのエネルギーが流れ込んでくるということを認識していました。

「ありがとう」「私はついている」「私は成功する」「全てうまく行く」という言葉は、高級神霊界でも神界という次元の高い世界のエネルギーが流れ込んできます。

では、「南無阿弥陀仏」と「ありがとう」「私はついている」「私は成功する」「全てうまく行く」という言葉との違いはどこにあるのでしょうか。
「南無阿弥陀仏」は仏様に自分の悩みをゆだねる、救ってもらうというニュアンスがあります。
本当はもっと深い意味があるのですが… 阿弥陀仏の教えに同調する事を教えているのです。

一方、「ありがとう」「私はついている」「私は成功する」「全てうまく行く」という言葉は誰かに自分をゆだねるのではなく、自分自身を信じている言葉なのです。
また、全てに感謝する言葉です。
何かに頼るか、自分で求めていくかの違いだと思います。

言い換えれば、教えを請うか、自分から悟るという違いがあるということです。
仏界と神界の違いがここにあります。
仏界は教えの世界。神界は悟りの世界。

言葉だけでなく、常にプラス思考で居ることで、神界のエネルギーが流れ込んでくるのです。
そうすれば、ひらめきが多くなり、悩みもなくなります。

トップへ戻る

自分を変えるには(セルフイメージの話)

人間は、自分はこんな人間であるというイメージ(思い込みといってもいい)を持っているもので、このイメージで自分をつくっているのです。
自分らしさとでもいったらよいのでしょうか。
しかし、この自分らしさが、あることを達成する時に邪魔になることがあります。

夢をかなえる人、成功した人の考え方を知って、自分がそのような人間かどうか、考えてみることも必要でしょう。
今の自分は過去の考え方や決断、行動の結果である。

未来の自分は、今の考え方や決断、行動で決まる。
過去に今の自分をイメージしたことがあるでしょうか?
もしなければ今後は、未来の成功した自分をイメージすることをおすすめします。未来の成功した自分がはっきりイメージできたら、未来の自分から今の自分を見るようにするといいのです。
未来の自分から今の自分を見たら、今の自分が何をしなければならないかわかります。

 トップへ戻る

人を育てる

リクルートという会社は人材を育てるのがうまいとラジオで聞いたことがあります。
そういえば松下電器の松下幸之助さんは政治家を育てる政経塾を開いていました。人を育てるということを考えてみたいと思います。

人を育てた時には、育てた報酬というものがあってもよいと思う。
のれんわけ、各種教室、美容院など業種はさまざまにあるが、事業が大きくなるかならないかは、人を育てる過程で報酬が発生するかどうかで変わってくるのではないでしょうか。

ある自動車修理工場(自動車鈑金屋)がありました。
地元ではかなり有名で、社長さんは面倒見の良い人で、そこではたくさんの塗装工の人たちが育っていき、その人達が次々に独立して、鈑金工場を開業しました。

その結果、お客さんの取り合いとなり、この人材を育てた社長さんの会社は倒産してしまいました。
もし、育った人材が独立する時に、フランチャイズのような形の報酬がはいってくるようなシステムをつくっておけば、倒産という最悪の事態は免れたかもしれないなどと思っています。

トップへ戻る

 
 

 

成功力を強化する方法

 

あなたの成功力を診断します

 

 

  


癒しの道場
URL http://www.1iyasi.com

心の道場
URL http://kokoronodouzyou.com

〒723-0014 広島県三原市城町1丁目13‐18‐902
電話 0848−31−3587  FAX 0848−31−3587

Eメール sugagym@jp.pharmanex.com