癒しの道場の詳細

癒しの道場について

子どもたちの体力づくりと健康づくりを目的とした体操教室からスタートした「菅体操スクール」ですが、体操選手の育成を目指すようになり体育館まで作り、多くの体操選手を育ててきました。

体操選手を育成していく中で、肉体面の強化に加えて精神面(メンタル)の強化が必要ではないかと考えるようになり、メンタルトレーニングを自分なりに研究して実践してみました。
その過程の中で心の存在とその重要性を認識するに至り、どのように心のコントロールをすればよいのか研究しました。
時には霊能者のもとに通ったこともあります。

心について理解できるようになると、体操選手だけでなく一般の人々の悩み事の相談を受けるようになり、体操指導とは別に活動を行うようになりました。

また、成功哲学にも興味を持ち、成功するにはどうしたらよいのか、又成功しないのはなぜなのかということを深く考えるようになり、心との関係に気付きがありました。
様々なことに興味をもって数多くの書物を読み漁っていく中で「五術」というものに出会い、自分が求めていたのはこれだと確信しました。

五術の考え方をもとに、「癒しの道場」を立ち上げ、心の問題は「菅一男の心の道場」、呼吸健康法を実践する「気の道場」、健康のために食を考える「食の道場」と名付け情報提供を行っています。




主宰者のプロフィール

CEO

 

1949年(昭和24年)広島県三原市に生をうけ、子供の頃から体操競技に魅せられて中学、高校、社会人と体操一筋の人生でした。

高校生の時には、全国大会で種目別の跳馬で優勝(日本一)、床運動3位、個人総合7位という成績を修めました。
又某楽器メーカーに就職し、社会人として競技会に出場し、世界選手権の最終選考会まで出るようになりました。
ところが会社の経営不振により運動部が休部となり、故郷の広島へ帰ってきました。
あと数年頑張っていればオリンピックも夢ではなかったのですが、なぜか止めてしまったのです。
今から考えると私自身、「オリンピックへ出たい」と思っていなかったのです。「オリンピックへ出たい」と強烈に思っていたらオリンピックに出ていたかもしれません。

某楽器会社に勤務しているときにピアノの調律技術を身につけていたので、故郷に帰って調律師として働いていました。そして1973年に独立してピアノ調律所を開設と同時に体操教室を立ち上げました。

当時は体操教室は珍しく、軌道に乗せるのにはそれなりの苦労をしましたが、何とか優秀な選手が育つ体操教室として知られるようになりました。

そんな中で、スポーツと心理の関係に興味を持ちいろいろ調べていくうちに、霊能開発というものをやってしまったのです。死ぬほどの思いをして得たものは、人間の心が読めるということと、霊的なエネルギーを認識できるということでした。思えば、ピアノの調律は目に見えない音波(波動)というものを対象にした仕事でした。又心や霊というものも一種のエネルギー(波動)なのです。様々な仕事を経験していくうちに自分の本当にしなければならないことに近づいているように思えてならないのです。

そして、人間の心がわかるようになり、心や霊との関係がわかるようになるにつれて霊障などの悩みの相談を受けるようになり、様々な種類の悩みの原因が霊障であることが多いことがわかりました。

たくさんの方から相談を受けました。時間が足りなくなり、会員制として心の道場を発足しました。

そして、心の管理の重要性とともに、食事の重要性と運動の必要性、又呼吸の整え方などの指導を含めて「癒しの道場」として再出発しました。

                                          菅一男の心の道場
                                            主宰 菅一男

癒しの道場・菅一男の心の道場(相談所)

  〒723-0014 広島県三原市城町1丁目13ー18-902
  予約専用電話 0848-31-3587
  Eメール sugagym@jp.pharmanex.com