スポーツマンの栄養

 

スポーツ選手は、自己の持つ最大限の能力を発揮するためには、次のことに注意を払わなければいけません。

    

 体づくり
 血液・筋肉・骨格づくり・柔軟性など
 エネルギー供給とエネルギー燃焼   運動で失われるエネルギーの補給
 疲労の原因になる乳酸のエネルギー
 への転換
 最小限の疲労と回復  血中の血糖値の安定
 運動中に失われる水分と電解質の補給

 汗と一緒に水分・電解質(ミネラル、Na、K、
 Ca)が失われます
 運動中に発生する活性酸素対策
 スポーツと活性酸素の関係を明らかにし、
 活性酸素を除去する方法を解説
 ウェイトコントロール
 体操選手の体重管理の重要性

   

 

人間の体には、60兆個の細胞があり、その細胞の一つ一つがエネルギーを作出して活動をしており,この細胞が分裂するためには栄養と酸素が必要で,根性や,やる気では細胞分裂は出来ないのです。

 

食事の大切さ

人間のからだは食事を通して体内に採り入れたもので作られる。
スポーツ活動には、栄養素がどうしても必要となります。
質の良い食事を心がけなければなりません。

 

 食事の摂り方


体づくりの時期と試合時期とでは、必要となる栄養素も違いがあります。
目的に合った食事をとる必要があります。

〇体作りの時期の食事:

肉体を作る栄養素であるたんぱく質を中心にビタミン、ミネラルの豊富な野菜、果物をしっかり摂る。又、カルシュウムが豊富な乳製品をあわせて摂る。

〇試合時期の食事:

エネルギー源となる炭水化物を中心に、疲労回復を図るビタミン、ミネラルを多く含む野菜、果物をしっかり摂る。
 

 

 食材に含まれる栄養素


新聞記事によると、ホウレンソウに含まれるビタミンCが、20年前の半分に――。
昨年末に改訂された「日本食品標準成分表」(旧科学技術庁資源調査会編)の野菜の栄養成分を、女子栄養大学の吉田企世子教授が前回のものと比較したところ、こんなことがわかった。
最近は旬でない真夏でもホウレンソウが出回るようになり、年間平均値を押し下げたとみられるとあります。                           <2001年3月22日朝日新聞より>

つまり、食材からとれる栄養素は激減しているということです。
食事から必要な栄養素を摂り入れることは不可能に近いことなのです。

 

 

栄養補助食品の必要性

 

食事で摂りきれない栄養素はサプリメント(栄養補助食品) で補う時代が来ています。

スポーツの世界も例外ではありません。

トップを目指す選手ほどサプリメントの重要性を認識しています。

 

  サプリメントは食事と同じ物です。
毎日摂りつづけなければ意味がありません。
高価であっては毎日続けるにも無理があります。(低価格)
体に悪いものが含まれていてはいけません。(安全)
食べてみて元気にならなければ意味がありません(有効性)
科学的な裏づけがなければいけません。(実証性)
誰にでも有効でなければいけません。(臨床データ―)
 品質が一定でなければいけません。(品質管理)

 スポーツマンに必要なサプリメントはこちらで

スポーツサプリメント・プロテインDNS公式「ドームショッピングゾーン」

 

 

このホームページを作成するにあたり、日本文芸社発行の 「強くなるスポーツ栄養学」 (著者: 成田和子氏)を参考に させていただきました。

関連書籍を買おう

 

 

 

 健康情報へ戻る